楽天ペイ

飲む人も造る人も幸せに。「マスダの南アフリカワイン専門店」では、環境にやさしい、社会貢献活動に力を入れた、高品質な数々のワインをご紹介しています。

  • ダーマシーン Damascene

人生観や考え方が変わるような衝撃的な瞬間

ダーマシーン Damascene [ エルギン地区 ]

[ 設立年度 ] 2018年

「ダーマシーン」とは、「人生観や考え方が変わるような衝撃的な瞬間」という意味。このワインが、そのようなワインでありたいという想いが込められている。ラベルは白と黒のコントラストで、「衝撃的に変わる」ことを表している。また、ラベルには、1本1本ボトルナンバーも記載されている。オーナー兼醸造家のジャン・スミットは、ブーケンハーツクルーフで2009年から2017年までチーフワインメーカー(醸造責任者)を務め、その後独立。それぞれのブドウ品種のベストサイトからブドウを購入して製造。醸造したものから上質な20%のみを瓶詰め。2019年10月のデビューからいきなりワインマグ97点(ステレンボシュ・シラー2018)&同時に年間トップ25ワインの3位に入賞。
南アフリカの有力ワインショップ「ワインセラー」は、「過去10年で最もエキサイティングな南アフリカワインのニューリリースの1つ」と評価し、鮮烈なデビューを果たした。今後益々注目されるであろう期待の星。

モヤ・ミーカー (ジャン・スミット 醸造責任者) カナダ人ビジネスマンで、シャトー・ガビィの元オーナー、デイビッドは、南アフリカ人の奥さん、ヘネフィーフと結婚し、2010年にエルギンのリンゴ園を購入した。直ぐにピノノワールを植樹。(現在はシラーズも栽培している。)目指すは、少量でもプレミアムなピノノワールを作ること。デイビッドは、ブーケンハーツクルーフで2009年から2017年までチーフワインメーカー(醸造責任者)を務めたジャンを醸造責任者として迎え入れ、自身のブランド「モヤ・ミーカー」を立ち上げた。


「モヤ・ミーカー」(奥さん、ヘネフィーフの母親の名前。彼女は、1959年にミス南アフリカに選ばれ、洗練されたエレガントな美しい女性だった。ワインのテイストも同様で、エレガントで美しいスタイルのピノノワール。

  • ダーマシーン

並び順を変更 » 

取り扱いワイナリー

ページの先頭へ